今回紹介するのは

スマートフォンの指定したフォルダを、

自動で同期してくれるアプリ「Dropsync」です。

 

指定したフォルダにファイルが追加されたときはもちろん、

フォルダ内のファイルが変更された時も自動で同期してくれます。

 

PCでは自然とそのようになっているのですが、

それがスマートフォンでもできるとなると非常に便利です☆

 

アプリ名:Dropsync

料金:無料

 

 

 

Dropboxにログインする

 

まずアプリを起動し、

アドレスとパスワードを入力しログインします。

 

 

気にせず「Next」を押します。

 

 

同期するフォルダを指定する

 

まずはアンドロイド端末内の同期したいフォルダを選択します。

例えば「Download」にしておくと

ブラウザで落としたファイルが同期できます。

(ブラウザによって保存先は変わります)

 

もし、あたらくフォルダを作りたい場合は、

「New Folder」から作成できます。

 

次に、先ほど選択したフォルダを

Dropboxのどのフォルダに同期させるかを選択します。

 

最後に選択したフォルダが

間違っていないかどうかを確認してください。

 

これで設定は完了です!!

後は設定で同期のタイミングなどを変更しましょう!

 

 

「Menu」をおして「Syncnow」を押せば

即時に同期が開始します。

 

 

設定を変更する

 

1)同期するフォルダを変更する。

 

残念ながら無料版では

最初に設定したフォルダしか設定ができません。

 

同期を辞めたい場合は

・アプリを削除する

・チェックボックスのチェックを外す

のどちらかをしてください。

 

 

2)同期のファイルサイズを変更する。

 

無料版では1.5MB、3MB、5MBと設定できます。

ひとまず一番大きいサイズにしておけば問題はないでしょう。

(有料版ではより大きなサイズを同期することができます)

 

3)同期の設定を変更する

 

ここでは同期をいつするのかなどの設定ができます。

 

バッテリーが気になる方は

自分がボタンを押した時のみに同期するように設定をしたり、

同期の間隔を長くするなどすれば

バッテリーの消費を抑えることができます。

 

・Enable Autosync

自動同期をするかしないか選択します。

チェックを外すと、「SyncNow」を押した時のみ同期します。

 

・AutosyncInterbal

同期の時間の間隔を設定できます。

有料版だとより短い時間間隔で同期を設定することもできます。

 

・Power Source

AC/USB onlyを選択すれば、充電している時のみ同期するようになります。

 

・Internet Connection

「WiFi only」を選択すれば、

無線LANなどにつないでいる時のみ同期し、

もう一方だといつでも気にせず同期します。

 

 

 

と長くなりましたが、

このような感じでアンドロイドのフォルダを

Dropboxに簡単に送ることができます。

 

本体側でファイルを移動させるのはめんどくさいので、

いつも決まったところに保存されるフォルダを設定するのがいいと思います。

 

有料版では同期するフォルダを増やせたり、

設定が細かにできます。

 

ただそこまでしなくても…

という方であれば無料版でも十分生かせると思います!

 

よろしければどうぞ^^

今回紹介するのは スマートフォンの指定したフォルダを、 自動で同期してくれるアプリ「Dropsync」です。   指定したフォルダにファイルが追加されたときはもちろん、 フォルダ内のファイルが変更された時も自動で同期してくれます。   PCでは自然とそのようになっているのですが、 それがスマートフォンでもできるとなると非常に便利です☆   アプリ名:Dropsync 料金:無料      

Dropboxにログインする

  まずアプリを起動し、 アドレスとパスワードを入力しログインします。     気にせず「Next」を押します。    

同期するフォルダを指定する

  まずはアンドロイド端末内の同期したいフォルダを選択します。 例えば「Download」にしておくと ブラウザで落としたファイルが同期できます。 (ブラウザによって保存先は変わります)   もし、あたらくフォルダを作りたい場合は、 「New Folder」から作成できます。   次に、先ほど選択したフォルダを Dropboxのどのフォルダに同期させるかを選択します。   最後に選択したフォルダが 間違っていないかどうかを確認してください。   これで設定は完了です!! 後は設定で同期のタイミングなどを変更しましょう!     「Menu」をおして「Syncnow」を押せば 即時に同期が開始します。    

設定を変更する

  1)同期するフォルダを変更する。   残念ながら無料版では 最初に設定したフォルダしか設定ができません。   同期を辞めたい場合は ・アプリを削除する ・チェックボックスのチェックを外す のどちらかをしてください。     2)同期のファイルサイズを変更する。   無料版では1.5MB、3MB、5MBと設定できます。 ひとまず一番大きいサイズにしておけば問題はないでしょう。 (有料版ではより大きなサイズを同期することができます)   3)同期の設定を変更する   ここでは同期をいつするのかなどの設定ができます。   バッテリーが気になる方は 自分がボタンを押した時のみに同期するように設定をしたり、 同期の間隔を長くするなどすれば バッテリーの消費を抑えることができます。   ・Enable Autosync 自動同期をするかしないか選択します。 チェックを外すと、「SyncNow」を押した時のみ同期します。   ・AutosyncInterbal 同期の時間の間隔を設定できます。 有料版だとより短い時間間隔で同期を設定することもできます。   ・Power Source AC/USB onlyを選択すれば、充電している時のみ同期するようになります。   ・Internet Connection 「WiFi only」を選択すれば、 無線LANなどにつないでいる時のみ同期し、 もう一方だといつでも気にせず同期します。       と長くなりましたが、 このような感じでアンドロイドのフォルダを Dropboxに簡単に送ることができます。   本体側でファイルを移動させるのはめんどくさいので、 いつも決まったところに保存されるフォルダを設定するのがいいと思います。   有料版では同期するフォルダを増やせたり、 設定が細かにできます。   ただそこまでしなくても... という方であれば無料版でも十分生かせると思います!   よろしければどうぞ^^

あなたの評価を投票してください!

評価: 2.7/5 (11名 評価済み)