ADW.Launcherの設定方法

ホームアプリの「LauncherProの設定方法」を紹介したのですが、

今回はホームアプリで有名なもののもう一つ「ADW.Launcher」の設定方法を紹介したいと思います。

LauncherProのほうが動作は速いイメージですが、

こちらも十分使えるアプリですので気に入った方をどうぞ!

 

アプリ名:ADW.Launcher

料金:無料

 

 

ランチャードックにアプリを置く

 

ADWでもランチャーにアプリのショートカットを置けるのですが、

LauncherProとは方法が違います。

 

方法は置きたいアプリをランチャーの上に運ぶだけで簡単にできます。

 

 

ドックの数は

「メニュー」→「UI設定」→「メインドックスタイル」から

「なし、1,3,5」と設定できます。

必要な数を選択してください。

 

また、ドックを上に引っ張るとさらにショートカットを置ける場所が出てきます。

10個以上ショートカットを置けるのでたくさん置きたい方にはおすすめです。

 

あまりあっても意味が無い気もしますが…

 

ホーム画面でのジェスチャーを設定する。

 

ADWではホーム画面上での動作に作業を割り当てることができます。

 

インストールした直後は、

「下にスワイプ(なぞる)」と「通知バーの表示、非表示」

「上にスワイプ(なぞる)」で「ステータスバーの表示、非表示」

となっています。

 

動作を変更するには

「Menu」→「一般的な挙動」から

「スワイプアップアクション」「スワイプダウンアクション」で変更ができます。

 

 

テーマを変更しよう!

 

ADWでは様々なスキンテーマが用意されており、

アイコンの変更などができるようになっています。

 

テーマについてはマーケットから入手できます。

「ADWの設定」→「テーマ設定」→「テーマを入手」を選択すればマーケットに行きます。

 

入手したあとは「使用するテーマ」から利用したいテーマを選択し、

「テーマを適用」を押せば完了です!

 

 

他にも設定項目は多数!

 

ADWは設定できる項目がたくさんあり、好みに変えていくことができます。

設定項目で難しそうなところをピックアップしておきますので、

気になる方は観てみて下さい!

 

「スクリーン設定」

・デスクトップの列、行数

アンドロイドは標準でホームにアプリを4X4個置けるようになっているのを変更します。

 

・デスクトップスクロール速度

デスクトップでホーム画面を移動するときのスピードを変更します。

低くすればより早くなります。

 

・デスクトップオーバーシュート

ホーム画面を移動したときのエフェクトを設定します。

数値を大きくすると跳ね返ったような動きをします。

 

 

「ドロワー設定」

アプリ一覧画面の設定をします。

 

・ドロワースタイル

アプリ一覧の表示方法を変えます。

横に移動するタイプと、縦に移動するタイプを変更できます。

 

・アニメーションドロワー

アプリ一覧を開くときのアニメーションのon,offを設定できます。

 

・ズームエフェクト速度

アプリ一覧を開くときのアニメーションのスピードを設定します。

 

・アプリラベル表示

アプリの名前をドロワーに表示するかしないかを設定します。

 

 

このようにADW.Launcherではたくさん設定することができ、

好みのランチャーを作ることができます。

 

有料の「ADW Launcher EX」もあるのですが、

こちらではアニメーションの設定ができるようになっています。

 

無料版で満足して、

もっとカスタマイズをしたい方は購入してはいかがでしょうか?

ADW Launcher EX

https://market.android.com/details?id=org.adwfreak.launcher&feature=search_result

こちらの記事もいかがですか?

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ Androidへ
ブログランキング参加中!いつも応援クリックありがとうございますm(__)m


海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!
↑↑↑
2週間以内なら、どんだけ見ても無料です( ̄∇+ ̄)vキラーン

“ADW.Launcherの設定方法” への1件のフィードバック

  1. Eliza より:

    Alakazaam-information found, probelm solved, thanks!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player