今回はホームアプリの大御所とも言えるLauncherProの設定について紹介したいと思います。

非常にホームが快適になるので利用されている方も多いアプリなのでぜひ利用してみてください!

 

アプリ名:LauncherPro

料金:無料

 

 

ドックにアプリを置こう!

ホーム下のドックへアプリを置くことができるのですが、

方法は置きたい位置にあるマークを長押しすることで設定画面が出てきます。

 

 

LauncherProの設定はアプリ一覧からはできないので、

ホーム画面から行います。

 

まず、ホーム画面で「MENU」を押し、「Preference」をタップします。

設定としては、General Settingsの「Keep in memory」にチェックを入れておけば、

他は好みで調整すれば大丈夫です!

 

これだけでもだいぶ快適になったのではないでしょうか?

 

その他の設定項目については以下に書いていますので、

参考にしてみてください。

(たまに端折ってますがすいません…)

 

General Settings

・Hidden Apps

アプリ一覧画面から必要の無いアプリを表示しないように設定できます。

全く使わないけど消せないアプリなどにチェックを入れたりします。

・Keep in memory

これをチェックしておいたほうがホームに戻る動作が早くなります。

(ホームアプリをメモリーで起動させてあるため)

・Enable scrollable widget

チェックを入れる必要はないと思います。

スクロールに対応したウィジェットを利用の方はチェックを入れてください。

・Motorola Droid hack

これも必要ないです。

決まった端末に対して効果が出るようです。

 

Homescreen Settings

・Number of screens

ホームスクリーンの数を変更できます。

・Default screen

デフォルトのスクリーンを設定します。

ホーム画面で「ホーム」を押したときに設定したホーム画面に行きます。

・Enable trackball scrolling

トラックパッドなのが付いている端末で利用するので

現在ではほぼ必要ないと思われます。

・Enable virtual looping

ホーム画面の端まで行っても、そのまま続けて反対へ移動するようにできます。

ホームが回り続けるので便利ですよ☆

・Transition effect

ホームを切り替えるときの効果を変更します。

たくさん種類があるのでお気に入りを探してみてください。

・Number of columns

ホームにおけるアプリの数を変更できます。

こちらでは横に並べられる数を変更できます。

・Number of rows

こちらでは縦に並べられるアプリの数を変更できます。

・Auto-fit items

アプリの並びなどを設定している数に合わせて調整してくれます・

 

 

DockSettings

 

・Number of docks

ホーム下のアプリを置くドックの数を変更できます。

 

・Enable loop scrolling

ドックバーが回り続けるように設定できます。

ドックにアプリをたくさん置く方にはおすすめな設定です。

 

・Missed call count

・Unread SMS count

・Unread Gmail count

これらは「電話」「SMS」「Gmail」アプリをドックをおいたときに、

未読数や不在着信の数を表示するように設定できます。

 

Behavior Settings

・Enable Auto-rotation

画面の自動回転を設定できます。

・Homekey action

ホーム画面で「HOme」を押したときの動作を設定します。

「Screen preview」というのはホーム画面一覧を出すことです。

・Home key to default screen

ホーム画面で「Home」を押したときに、

デフォルトに設定した画面に行きます。

 

Appearance Settings

・Dock background

ドックの背景を変更できます。

・Show screen indicater

ドックの下にホーム画面の位置を確認できるバーを表示できます。

・Hide notification bar

上部の通知欄を見えないようにできます。

・Home button on app drawer

 

・Hide icon labels

ホームに置くアプリのアプリ名を見えないようにできます。

・Disable wallpaper scrolling

ホーム画面移動時の壁紙を固定できます。

 

Advanced Settings

・Memory Usage Settings

気にしなくていいでしょう。

・5Icon rows in homescreen

・Stretch 4-row widgets

・Elastic scrolling

スクロール時の表現をイラスティックにします。

・Highquality scrolling

・Minimum scrolling speed

ホームスクリーン移動時のスピードを調整できます。

・Use 3D drawer

アプリ一覧を出すときのアニメーションを設定できます。

・Opening speed(app drawer)

アプリ一覧を出すときのスピードを調整できます。

・Opening speed(screen preview)

スクリーンプレビューを出すときのスピードを調整できます。

今回はホームアプリの大御所とも言えるLauncherProの設定について紹介したいと思います。 非常にホームが快適になるので利用されている方も多いアプリなのでぜひ利用してみてください!   アプリ名:LauncherPro 料金:無料    

ドックにアプリを置こう!

ホーム下のドックへアプリを置くことができるのですが、 方法は置きたい位置にあるマークを長押しすることで設定画面が出てきます。     LauncherProの設定はアプリ一覧からはできないので、 ホーム画面から行います。   まず、ホーム画面で「MENU」を押し、「Preference」をタップします。 設定としては、General Settingsの「Keep in memory」にチェックを入れておけば、 他は好みで調整すれば大丈夫です!   これだけでもだいぶ快適になったのではないでしょうか?   その他の設定項目については以下に書いていますので、 参考にしてみてください。 (たまに端折ってますがすいません...)  

General Settings

・Hidden Apps アプリ一覧画面から必要の無いアプリを表示しないように設定できます。 全く使わないけど消せないアプリなどにチェックを入れたりします。 ・Keep in memory これをチェックしておいたほうがホームに戻る動作が早くなります。 (ホームアプリをメモリーで起動させてあるため) ・Enable scrollable widget チェックを入れる必要はないと思います。 スクロールに対応したウィジェットを利用の方はチェックを入れてください。 ・Motorola Droid hack これも必要ないです。 決まった端末に対して効果が出るようです。  

Homescreen Settings

・Number of screens ホームスクリーンの数を変更できます。 ・Default screen デフォルトのスクリーンを設定します。 ホーム画面で「ホーム」を押したときに設定したホーム画面に行きます。 ・Enable trackball scrolling トラックパッドなのが付いている端末で利用するので 現在ではほぼ必要ないと思われます。 ・Enable virtual looping ホーム画面の端まで行っても、そのまま続けて反対へ移動するようにできます。 ホームが回り続けるので便利ですよ☆ ・Transition effect ホームを切り替えるときの効果を変更します。 たくさん種類があるのでお気に入りを探してみてください。 ・Number of columns ホームにおけるアプリの数を変更できます。 こちらでは横に並べられる数を変更できます。 ・Number of rows こちらでは縦に並べられるアプリの数を変更できます。 ・Auto-fit items アプリの並びなどを設定している数に合わせて調整してくれます・    

DockSettings

  ・Number of docks ホーム下のアプリを置くドックの数を変更できます。   ・Enable loop scrolling ドックバーが回り続けるように設定できます。 ドックにアプリをたくさん置く方にはおすすめな設定です。   ・Missed call count ・Unread SMS count ・Unread Gmail count これらは「電話」「SMS」「Gmail」アプリをドックをおいたときに、 未読数や不在着信の数を表示するように設定できます。  

Behavior Settings

・Enable Auto-rotation 画面の自動回転を設定できます。 ・Homekey action ホーム画面で「HOme」を押したときの動作を設定します。 「Screen preview」というのはホーム画面一覧を出すことです。 ・Home key to default screen ホーム画面で「Home」を押したときに、 デフォルトに設定した画面に行きます。  

Appearance Settings

・Dock background ドックの背景を変更できます。 ・Show screen indicater ドックの下にホーム画面の位置を確認できるバーを表示できます。 ・Hide notification bar 上部の通知欄を見えないようにできます。 ・Home button on app drawer   ・Hide icon labels ホームに置くアプリのアプリ名を見えないようにできます。 ・Disable wallpaper scrolling ホーム画面移動時の壁紙を固定できます。  

Advanced Settings

・Memory Usage Settings 気にしなくていいでしょう。 ・5Icon rows in homescreen ・Stretch 4-row widgets ・Elastic scrolling スクロール時の表現をイラスティックにします。 ・Highquality scrolling ・Minimum scrolling speed ホームスクリーン移動時のスピードを調整できます。 ・Use 3D drawer アプリ一覧を出すときのアニメーションを設定できます。 ・Opening speed(app drawer) アプリ一覧を出すときのスピードを調整できます。 ・Opening speed(screen preview) スクリーンプレビューを出すときのスピードを調整できます。

あなたの評価を投票してください!

評価: 2.8/5 (11名 評価済み)