以前にあとで読むサービスの「Read it later」を紹介しましたが、

アプリは有料なために躊躇してしまうかもしれません。

 

そこで今回は「Read it later」と同様のサービスを提供する

「Instapaper」をご紹介したいと思います。

 

Instapaperに登録しよう!

 

こちらのサービスは公式のアプリが出ていないので、

ブラウザから登録する必要があります。

こちらにアクセスして登録を進めます。

http://www.instapaper.com/

 

右上の「Create Account」を押してください。

上の入力欄にメールアドレス、

下に好きなパスワードを入力します。

最後に「create account」を押せば完了です!

 

 

アンドロイドアプリで利用する

Instapaperのアプリは公式のものが出ていないので、

今回は「EverPaper」という無料アプリを利用して使用方法を説明します。

 

こちらからアプリをダウンロードできます。

Everpaper https://market.android.com/details?id=com.homelinux.hilo.everpaper&feature=search_result

 

アプリを開き、「menu」を押し、「Settings」を選択し、

下の方「Instapaper」をおし、メールアドレス。パスワードを入力します。

 

あとはもとに戻り、「Sync」を押せば同期されます。

 

あとはTwitterなどから送りたいものを共有していくだけです!

 

 

送っておくと、

Everpaperで表示が可能になります。

表示されない場合は「sync」を押してみてください。

情報の送信が終われば、電波のない場所でも読むことができます。

 

 

ちなみにこの「Everpaper」はエバーノートとの連携が取りやすい点がおすすめ。

開いているページからEvernoteへ送りやすくなっています。

これが一番おすすめではないでしょうか?

 

Instapaper及びRead it latorの活用方法

 

どちらのサービスもあとで読むタイプのサービスです。

特にTwitterなどで情報収集する方には最適なサービスだと思います。

 

タイムラインは常に流れていくので、

URLのたびにブラウザで呼んでいたようでは追いつけない場合もあります。

 

そこでこのような後で読むサービスにURL先の情報を共有しておくことで、

あとでまとめて読むことができます。

 

さらには地下で読むこともできることが一番の強みですので、

電車に乗らないときに送っておいて、

乗るときにまとめて読んでいくことで効率的に情報を集めることができます。

 

どちらのサービスも非常にいいサービスなので使ってみてはいかがでしょうか?

以前にあとで読むサービスの「Read it later」を紹介しましたが、 アプリは有料なために躊躇してしまうかもしれません。   そこで今回は「Read it later」と同様のサービスを提供する 「Instapaper」をご紹介したいと思います。  

Instapaperに登録しよう!

  こちらのサービスは公式のアプリが出ていないので、 ブラウザから登録する必要があります。 こちらにアクセスして登録を進めます。 http://www.instapaper.com/   右上の「Create Account」を押してください。 上の入力欄にメールアドレス、 下に好きなパスワードを入力します。 最後に「create account」を押せば完了です!    

アンドロイドアプリで利用する

Instapaperのアプリは公式のものが出ていないので、 今回は「EverPaper」という無料アプリを利用して使用方法を説明します。   こちらからアプリをダウンロードできます。 Everpaper https://market.android.com/details?id=com.homelinux.hilo.everpaper&feature=search_result   アプリを開き、「menu」を押し、「Settings」を選択し、 下の方「Instapaper」をおし、メールアドレス。パスワードを入力します。   あとはもとに戻り、「Sync」を押せば同期されます。   あとはTwitterなどから送りたいものを共有していくだけです!     送っておくと、 Everpaperで表示が可能になります。 表示されない場合は「sync」を押してみてください。 情報の送信が終われば、電波のない場所でも読むことができます。     ちなみにこの「Everpaper」はエバーノートとの連携が取りやすい点がおすすめ。 開いているページからEvernoteへ送りやすくなっています。 これが一番おすすめではないでしょうか?  

Instapaper及びRead it latorの活用方法

  どちらのサービスもあとで読むタイプのサービスです。 特にTwitterなどで情報収集する方には最適なサービスだと思います。   タイムラインは常に流れていくので、 URLのたびにブラウザで呼んでいたようでは追いつけない場合もあります。   そこでこのような後で読むサービスにURL先の情報を共有しておくことで、 あとでまとめて読むことができます。   さらには地下で読むこともできることが一番の強みですので、 電車に乗らないときに送っておいて、 乗るときにまとめて読んでいくことで効率的に情報を集めることができます。   どちらのサービスも非常にいいサービスなので使ってみてはいかがでしょうか?

あなたの評価を投票してください!

評価: 1.9/5 (7名 評価済み)