情報収集のためにTwitterを利用されている方向けに、

「Tweetdeck」をおすすめしたのですが、

今回は同様に便利で使いやすい「Seesmic」を紹介したいと思います。

 

こちらも同様に

マルチアカウント、Facebookに対応しています。

 

Seesmicには

・「カラム」がない

・「Facebook」が見やすい

・「あとで読む」サービスに送りやすい

という特徴があります。

 

リストや、ハッシュタグを

たくさん追っている方には「Tweetdeck」

自身のタイムラインのみを追っている方には「Seesmic」が

おすすめだと思います。

 

それでは「Seesmic」について紹介したいと思います。

 

アプリ名:Seesmic

料金:無料

 

 

まずは基本的な使用方法から

紹介したいとおもいます!

 

アカウントを追加する

 

1)アプリをインストールする。

 

こちらからどうぞ。

 

2)「アカウントを追加」→「twitter」を選択

 

 

 

3)アカウント名、パスワードを入力し「連携を認証」を押す。

 

これでTwitterアカウントの設定は完了です。

 

Facebookやtwitterアカウントの追加をしたい方は

メニューを押し「アカウント」を選択後、

右上の「+」を押して追加します。

 

もちろんマルチアカウント対応しているので

使い分けている方はぜひ利用してください!

 

操作方法

 

特別に変わったことはないので軽く説明しておきます。

上は「TL更新」「つぶやく」「検索」となっており、

 

メニューから「リスト」を呼び出したり、

「アカウント」の切り替えができます。

 

 

※左がTwitter、右がFacebookになっています

 

 

情報収集に利用する

 

ここからは基本的にTweetdeckで紹介した

「あとで読む」ツールに送る方法を紹介するのですが、

基本的にはあまり変わりません。

 

一点変わる点は、

Tweetdeckの時より、

動作が少なくできることです。

 

たくさんの情報を追っている場合は、

動作がひとつ減るだけで時間短縮になるので

おすすめです。

 

1)みたいリンクのあるツイートを見つける。

 

みつくけるという、

あるのですが…

seesmicはリンクが見づらいのが残念です。

 

 

 

2)そのツイートを長押しする

 

ツイートを開かずに、

TL上で長押しすればOKです!

 

※Tweetdeckでも長押しでいけるのですが、

反応しない時があったり、

リンク先がきちんと送れない場合もありますので、

ツイートを毎回開くほうがベターです。

 

 

3)「共有する」→「後で読むサービス」へ

 

あとで読むサービスへおくっていくのですが、

やはりおすすめは「Read it later」ですね☆

バックグラウンド処理は非常によいです。

 

 

 

4)「後で読むサービス」で読み、取捨選択する。

 

後は「後で読むサービス」で読み、

必要だと思うものは「Evernote」などの

サービスへストックしていきます。

 

 

いかがでしたでしょうか?

Tweetdeckはカラム表示が非常に便利でいいのですが、

タイムラインのみを追っている方にはこちらのほうが便利かもしれません。

 

どちらも一長一短があるので

好みのものを利用しましょう!

情報収集のためにTwitterを利用されている方向けに、 「Tweetdeck」をおすすめしたのですが、 今回は同様に便利で使いやすい「Seesmic」を紹介したいと思います。   こちらも同様に マルチアカウント、Facebookに対応しています。   Seesmicには ・「カラム」がない ・「Facebook」が見やすい ・「あとで読む」サービスに送りやすい という特徴があります。   リストや、ハッシュタグを たくさん追っている方には「Tweetdeck」 自身のタイムラインのみを追っている方には「Seesmic」が おすすめだと思います。   それでは「Seesmic」について紹介したいと思います。   アプリ名:Seesmic 料金:無料     まずは基本的な使用方法から 紹介したいとおもいます!  

アカウントを追加する

  1)アプリをインストールする。   こちらからどうぞ。   2)「アカウントを追加」→「twitter」を選択       3)アカウント名、パスワードを入力し「連携を認証」を押す。   これでTwitterアカウントの設定は完了です。   Facebookやtwitterアカウントの追加をしたい方は メニューを押し「アカウント」を選択後、 右上の「+」を押して追加します。   もちろんマルチアカウント対応しているので 使い分けている方はぜひ利用してください!  

操作方法

  特別に変わったことはないので軽く説明しておきます。 上は「TL更新」「つぶやく」「検索」となっており、   メニューから「リスト」を呼び出したり、 「アカウント」の切り替えができます。     ※左がTwitter、右がFacebookになっています    

情報収集に利用する

  ここからは基本的にTweetdeckで紹介した 「あとで読む」ツールに送る方法を紹介するのですが、 基本的にはあまり変わりません。   一点変わる点は、 Tweetdeckの時より、 動作が少なくできることです。   たくさんの情報を追っている場合は、 動作がひとつ減るだけで時間短縮になるので おすすめです。   1)みたいリンクのあるツイートを見つける。   みつくけるという、 あるのですが... seesmicはリンクが見づらいのが残念です。       2)そのツイートを長押しする   ツイートを開かずに、 TL上で長押しすればOKです!   ※Tweetdeckでも長押しでいけるのですが、 反応しない時があったり、 リンク先がきちんと送れない場合もありますので、 ツイートを毎回開くほうがベターです。     3)「共有する」→「後で読むサービス」へ   あとで読むサービスへおくっていくのですが、 やはりおすすめは「Read it later」ですね☆ バックグラウンド処理は非常によいです。       4)「後で読むサービス」で読み、取捨選択する。   後は「後で読むサービス」で読み、 必要だと思うものは「Evernote」などの サービスへストックしていきます。     いかがでしたでしょうか? Tweetdeckはカラム表示が非常に便利でいいのですが、 タイムラインのみを追っている方にはこちらのほうが便利かもしれません。   どちらも一長一短があるので 好みのものを利用しましょう!

あなたの評価を投票してください!

評価: 2.1/5 (13名 評価済み)