スマートフォンでたくさんのことができますが、

やはり、急なメモなどは手書きのほうが便利です。

 

しかし、書いたメモがなくなってしまうこともありますし、

必要なときに持っていないということもあります。

 

そういう時のために、

メモを電子化しておこう!というのが、

「Shot note」です。

 

今回はこのメモを電子化してくれる

「Shot note」をご紹介したいと思います。

必要なもの

 

まず、必要なものが二つあります。

アプリと専用のノートです。

※ノートは自作もできるようですが、あまり実用的ではなさそうなので購入されることを推奨します)

 

・ノート

 

ノートはヨドバシカメラ、

ビックカメラ、Loftなどの量販店や、

amazon楽天で購入することができます。

サイズや種類も数種類あるのでお好きなモノをどうぞ!

 

 

・アプリ

 

 

Shotnoteを利用する

 

1)メモを書く

 

メモは購入したShotnoteに書きます。

 

上の「No.」「DATE」はshotnoteで読み取ると

電子化してくれますので、

規定の方法で書きます。

「Date」は「西暦下二桁/月/日」の順番です。

 

 

2)アプリで読み取る

 

アプリを起動し、

先程のノートを

4隅が合うように撮影します。

 

先程の日付もきちんと読み込まれています。

 

最後に「保存」を押せばOKです。

見にくい場合は明るさの調整すれば見やすくなります。

 

 

Evernoteに送る

 

Shot noteではEvernoteへ簡単に送れるようになっているので便利です。

設定でアカウントの設定をしておき、

送りたいノートで「共有ボタン」を押せば、

簡単です^^

 

いかがでしょうか?

手書きノートもすんなり電子化できて便利です。

ノートも安っぽいものでもないので意外といいですよ!

スマートフォンでたくさんのことができますが、 やはり、急なメモなどは手書きのほうが便利です。   しかし、書いたメモがなくなってしまうこともありますし、 必要なときに持っていないということもあります。   そういう時のために、 メモを電子化しておこう!というのが、 「Shot note」です。   今回はこのメモを電子化してくれる 「Shot note」をご紹介したいと思います。

必要なもの

  まず、必要なものが二つあります。 アプリと専用のノートです。 ※ノートは自作もできるようですが、あまり実用的ではなさそうなので購入されることを推奨します)   ・ノート   ノートはヨドバシカメラ、 ビックカメラ、Loftなどの量販店や、 amazon楽天で購入することができます。 サイズや種類も数種類あるのでお好きなモノをどうぞ!     ・アプリ    

Shotnoteを利用する

  1)メモを書く   メモは購入したShotnoteに書きます。   上の「No.」「DATE」はshotnoteで読み取ると 電子化してくれますので、 規定の方法で書きます。 「Date」は「西暦下二桁/月/日」の順番です。     2)アプリで読み取る   アプリを起動し、 先程のノートを 4隅が合うように撮影します。   先程の日付もきちんと読み込まれています。   最後に「保存」を押せばOKです。 見にくい場合は明るさの調整すれば見やすくなります。    

Evernoteに送る

  Shot noteではEvernoteへ簡単に送れるようになっているので便利です。 設定でアカウントの設定をしておき、 送りたいノートで「共有ボタン」を押せば、 簡単です^^   いかがでしょうか? 手書きノートもすんなり電子化できて便利です。 ノートも安っぽいものでもないので意外といいですよ!

あなたの評価を投票してください!

評価: 2.5/5 (6名 評価済み)