送られてきたPDFや、

PCで見ているPDFを外で確認したと思うことがあります。

 

標準のPDFビュアーなどでは見にくいということは多くないでしょうか?

画像の多いものであればまだ良いのですが、

文字の多いものを見るとき右にいったり左にいったりで操作することが煩わしく感じてしまいます。

 

横画面にするのもいいのですが、縦で見れるのが一番楽だと思います。

 

そのような問題を解決してくれるのが今回紹介する「ezPDFreader」です。

値段も$0.99(約 ¥80)と安いのに注釈や検索機能がついており非常に優秀なアプリです。

アプリ名:ezPDFreader

料金:$0.99(約 ¥80)

 

 

 

テキストビューモードで見る

 

このアプリで優れていると思うのはテキストビューモードです。

PDFの文字を認識し、縦画面でも見やすいレイアウトに変更してくれます。

 

テキストビューモードにするにはアプリを開いて右上の「T」を押せば完了です。

もちろん拡大縮小するとリサイズしてくれます。

現在画像は変換してくれないようですが、文字を変換してくれるだけで非常に読みやすいです。

 

また、他のページ移動も下のページ一覧から簡単に移動できます。

(メニューが出てこない場合は端末の「menu」を押せば出てきます)

 

しおり(ブックマーク)も付けることをできます。

下のしおりマークを押して、「+」を押せば追加できます。

 

 

また、テキストビューモードの時は、

「ナイトビューモード」に設定ができて、背景が黒、文字を白にすることができます。

設定はメニューから行います。

 

 

文書式のPDFにおいてはこのテキストビューで見るのが一番見やすのではないでしょうか?

 

 

PDFビューで見る

 

PDFビューで見ると注釈を加えたりファイルの編集も可能です。

 

編集をしたところを長押しするとこのような画面が出てきて、

「コピー」「ウェブ検索」「共有」「強調」などの作業が行えます。

選択範囲も端のマークを移動させれば可能です。

 

 

「強調」「下線」「取り消し線」などを選択すると、

このような画面になるので、

「オープン」で注釈、「属性」で線の色を変更することができます。

 

 

 

最後に注釈などがすべて入れ終わったら、

「異なる名前でセーブ」から別ファイルを作ることが可能です。

 

 

これは直接読みやすさとは関係ありませんが、

PDFビューモードではページめくりのアニメーションなども優れているのでおすすめです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

これだけの機能がついて約80円程度で購入ができます。

 

他にも端末を持っているのであればどれでも利用可能なのがいいところです。

特にタブレット端末をお持ちであればさらにいいとは思います。

 

現在スマートフォンだけであればこのテキストビューモードを利用出来るのはかなり便利だと思います。

一度購入してみてはいかがですか?

送られてきたPDFや、 PCで見ているPDFを外で確認したと思うことがあります。   標準のPDFビュアーなどでは見にくいということは多くないでしょうか? 画像の多いものであればまだ良いのですが、 文字の多いものを見るとき右にいったり左にいったりで操作することが煩わしく感じてしまいます。   横画面にするのもいいのですが、縦で見れるのが一番楽だと思います。   そのような問題を解決してくれるのが今回紹介する「ezPDFreader」です。 値段も$0.99(約 ¥80)と安いのに注釈や検索機能がついており非常に優秀なアプリです。 アプリ名:ezPDFreader 料金:$0.99(約 ¥80)      

テキストビューモードで見る

  このアプリで優れていると思うのはテキストビューモードです。 PDFの文字を認識し、縦画面でも見やすいレイアウトに変更してくれます。   テキストビューモードにするにはアプリを開いて右上の「T」を押せば完了です。 もちろん拡大縮小するとリサイズしてくれます。 現在画像は変換してくれないようですが、文字を変換してくれるだけで非常に読みやすいです。   また、他のページ移動も下のページ一覧から簡単に移動できます。 (メニューが出てこない場合は端末の「menu」を押せば出てきます)   しおり(ブックマーク)も付けることをできます。 下のしおりマークを押して、「+」を押せば追加できます。     また、テキストビューモードの時は、 「ナイトビューモード」に設定ができて、背景が黒、文字を白にすることができます。 設定はメニューから行います。     文書式のPDFにおいてはこのテキストビューで見るのが一番見やすのではないでしょうか?    

PDFビューで見る

  PDFビューで見ると注釈を加えたりファイルの編集も可能です。   編集をしたところを長押しするとこのような画面が出てきて、 「コピー」「ウェブ検索」「共有」「強調」などの作業が行えます。 選択範囲も端のマークを移動させれば可能です。     「強調」「下線」「取り消し線」などを選択すると、 このような画面になるので、 「オープン」で注釈、「属性」で線の色を変更することができます。       最後に注釈などがすべて入れ終わったら、 「異なる名前でセーブ」から別ファイルを作ることが可能です。     これは直接読みやすさとは関係ありませんが、 PDFビューモードではページめくりのアニメーションなども優れているのでおすすめです。     いかがでしたでしょうか? これだけの機能がついて約80円程度で購入ができます。   他にも端末を持っているのであればどれでも利用可能なのがいいところです。 特にタブレット端末をお持ちであればさらにいいとは思います。   現在スマートフォンだけであればこのテキストビューモードを利用出来るのはかなり便利だと思います。 一度購入してみてはいかがですか?

あなたの評価を投票してください!

評価: 2.4/5 (9名 評価済み)