情報収集するのに欠かせないRSS。

フィードをたくさん追加したものの、

溜まっていく一方で処理できないということが多々あります。

 

そこで今回は放置しがちなRSSを効率よくさばいていく方法を紹介したいと思います!

(RSSリーダーにGoogle Readerを使用している場合)

 

まずは必要なアプリをインストール

 

今回紹介する方法で利用するアプリは二つ。

・RSSリーダー用に「Feedly」

・後で読むサービスの「Pocket」もしくは「Everpaper

(もしくはこれらのサービスを利用したアプリであればOK)

 

この二つをインストールして下さい!

 

 

Feedlyの設定をする

 

1)まずはFeedlyを起動し、

Googleアカウントでログインします。

 

 

 

2)あとで読むサービスのアカウントを入力する。

 

次にread it laterかinstapaperのアカウントを入力します。

 

 

 

3)Feedly起動時のセクションを設定する。

 

Feedlyを起動したときに開かれるページを設定します。

初期設定では、

未読記事がフォルダごとに設定されています。

 

こちらで問題なければいいのですが、

フォルダ関係なしに

最新のものから順番に見たい人もいるでしょう。

(僕はそうです)

 

その場合は「Preference」→「Section」を

「latest」と入力します。

 

 

これで設定は完了です。

 

 

RSSをさばいていく

 

設定をしたら後はさばくだけです。

ここで一つ確認をしたいのですが、

RSSはすべて読みますか?

たくさんのフィードを登録していない方ほど

全ては読まないでしょう。

 

実際読むのはタイトルで気になったものだと思います。

 

そこで今回は、

タイトルをみて読みたいものだけを選択し、

あとで読むサービスに送ります。

 

なんだ、そんなことか。。

と思うかもしれませんが、

Feedlyのショートカットは非常に高速にあとで読むツールに送信できます!

 

では見てみましょう。

 

こちらがFeedlyのフィードです。

 

タイトルと画像が表示されており、

読みたいと思うものがあったとします。

 

そのタイトルの左側をタップするだけで、

あとで読むツールに送信することができます。

 

後は読みたいものをひたすら選択し、

後で読むツールに送っていきます。

 

下の表示は若干遅れて表示されますが、

追いついてくれるので次々やっていけば大丈夫です。

そして、最後に

あとで読むツールで読みたい記事を読んでいけばOKです!

 

他のRSSリーダーでそのまま読んでもいいのですが、

いらないものも見がちです。

そこで必要と思ったものだけまとめて送れば

非常に時間の効率化にも役立つと思います。

ぜひお試しください!

 

 

おまけ:Feedlyのショートカット

1)フィードを既読にする

 

右側をタップでその記事を既読に、

もう一度タップで未読にできます。

 

 

2)表示されているフィードを既読にする。

 

ページの真ん中を下にスワイプすれば既読になります。

 

情報収集するのに欠かせないRSS。 フィードをたくさん追加したものの、 溜まっていく一方で処理できないということが多々あります。   そこで今回は放置しがちなRSSを効率よくさばいていく方法を紹介したいと思います! (RSSリーダーにGoogle Readerを使用している場合)  

まずは必要なアプリをインストール

  今回紹介する方法で利用するアプリは二つ。 ・RSSリーダー用に「Feedly」 ・後で読むサービスの「Pocket」もしくは「Everpaper」 (もしくはこれらのサービスを利用したアプリであればOK)   この二つをインストールして下さい!    

Feedlyの設定をする

  1)まずはFeedlyを起動し、 Googleアカウントでログインします。       2)あとで読むサービスのアカウントを入力する。   次にread it laterかinstapaperのアカウントを入力します。       3)Feedly起動時のセクションを設定する。   Feedlyを起動したときに開かれるページを設定します。 初期設定では、 未読記事がフォルダごとに設定されています。   こちらで問題なければいいのですが、 フォルダ関係なしに 最新のものから順番に見たい人もいるでしょう。 (僕はそうです)   その場合は「Preference」→「Section」を 「latest」と入力します。     これで設定は完了です。    

RSSをさばいていく

  設定をしたら後はさばくだけです。 ここで一つ確認をしたいのですが、 RSSはすべて読みますか? たくさんのフィードを登録していない方ほど 全ては読まないでしょう。   実際読むのはタイトルで気になったものだと思います。   そこで今回は、 タイトルをみて読みたいものだけを選択し、 あとで読むサービスに送ります。   なんだ、そんなことか。。 と思うかもしれませんが、 Feedlyのショートカットは非常に高速にあとで読むツールに送信できます!   では見てみましょう。   こちらがFeedlyのフィードです。   タイトルと画像が表示されており、 読みたいと思うものがあったとします。   そのタイトルの左側をタップするだけで、 あとで読むツールに送信することができます。   後は読みたいものをひたすら選択し、 後で読むツールに送っていきます。   下の表示は若干遅れて表示されますが、 追いついてくれるので次々やっていけば大丈夫です。 そして、最後に あとで読むツールで読みたい記事を読んでいけばOKです!   他のRSSリーダーでそのまま読んでもいいのですが、 いらないものも見がちです。 そこで必要と思ったものだけまとめて送れば 非常に時間の効率化にも役立つと思います。 ぜひお試しください!    

おまけ:Feedlyのショートカット

1)フィードを既読にする   右側をタップでその記事を既読に、 もう一度タップで未読にできます。     2)表示されているフィードを既読にする。   ページの真ん中を下にスワイプすれば既読になります。  

あなたの評価を投票してください!

評価: 1.3/5 (8名 評価済み)