スマートフォン利用者でツイッターを利用されている方は多いのではないでしょうか?
アンドロイドにはたくさんのツイッターのアプリがありますが、
今回は僕のおすすめのツイッターアプリ「tweetdeck」を紹介したいと思います。
アプリ名:tweetdeck
料金:無料

複数アカウントや、Facebook、Google bazz、Fourspuareにも対応

 

tweetdeckではたくさんのアカウントを一度に確認できるのが特徴です。

アカウントを追加するには、

アプリを開き「Accounts」から追加できます。

 

最初に追加したアカウントがデフォルトのアカウントになるのですが、

アカウント名を長押しすれば変更できます。

 

 

上のアカウントをタップすれば、

ツイートするアカウントを選択できます。

 

 

よく使う友人のアカウントを登録


 

よく使う友人のアカウントを登録しておくことができ、

簡単に宛先を呼び出せます。

 

また、「Lookup Twitter Profile」からプロフィール検索ができます。

 

公式リツイートを使う

 

公式リツイートするには

リツイートしたツイートから「リツイートボタン」をおし、

そのままツイートすれば完了です。

 

右の赤の部分が黒いままだと公式リツイートになります。

引用返信の場合はここに入力すればOK。

 

 

カラムを増やす

 

これが一番のいいところです。

リストや、検索など追っていきたい情報を簡単に見れるようにできます。

 

「+」を押し、追加したいものを選択します。

または、「Search Twitter」から検索や、ハッシュタグを入力し、

「Add Column」で追加できます。

 

カラムを削除するには消したいタイムライン上で

「menu」→「Column Settings」→「remove」で削除できます。

 

 

おすすめの使用法

 

基本的な使用法を紹介しましたが、

ここからは僕のおすすめ使用法を紹介します。

 

1)カラムを追加する

 

まずは、普段追っている検索やハッシュタグをを追加します。

僕の場合は「#androidjp」などハッシュタグ、

情報収集用のリストなどを追加しています。

 

 

2)リンク先を「後で読む」サービスへ送る


カラムを増やすと

情報を沢山見れるのはいいのですが、

タイムラインを追うので必死になってしまいがちです。

 

リンクのあるツイートが

多いときに毎回ブラウザで見ていると

時間がかかってしまいます。

 

そこで、読みたいと思うリンクがあるツイートを

「Read it later」や「Instapaper」などの

「あとで読む」ツールへ送ってしまいます。

 

方法はリンクのあるツイートを選択し、

「▽」→「share」→「後で読むサービス」を

押せば完了です。

 

 

ここで使うサービスは「Read it Later」がおすすめです☆

理由は「Share」した後、

勝手にリンク先の中身を読み込んでくれているからです。

 

「Instapaper」系のサービスだと、

あとでアプリを開いてダウンロードする必要があるので

一手間と若干の時間が掛かってしまいます。

個人的にその手間が嫌なので、

「Read it later」をおすすめしています!

 

そして、ここでさらに大事と思ったものに大しては、

ブックマークをつけたり、「evernote」「springpad」など、

自分がよく使うサービスに共有しておきます。

 

最初に気になる情報を「Read it later」に送り、

必要とするものを「Evernote」などにストックしていく。

 

このような感じで情報の整理をしています。

 

 

 

スマートフォン利用者でツイッターを利用されている方は多いのではないでしょうか?
アンドロイドにはたくさんのツイッターのアプリがありますが、
今回は僕のおすすめのツイッターアプリ「tweetdeck」を紹介したいと思います。
アプリ名:tweetdeck
料金:無料

複数アカウントや、Facebook、Google bazz、Fourspuareにも対応

  tweetdeckではたくさんのアカウントを一度に確認できるのが特徴です。 アカウントを追加するには、 アプリを開き「Accounts」から追加できます。   最初に追加したアカウントがデフォルトのアカウントになるのですが、 アカウント名を長押しすれば変更できます。     上のアカウントをタップすれば、 ツイートするアカウントを選択できます。    

よく使う友人のアカウントを登録

  よく使う友人のアカウントを登録しておくことができ、 簡単に宛先を呼び出せます。   また、「Lookup Twitter Profile」からプロフィール検索ができます。  

公式リツイートを使う

  公式リツイートするには リツイートしたツイートから「リツイートボタン」をおし、 そのままツイートすれば完了です。   右の赤の部分が黒いままだと公式リツイートになります。 引用返信の場合はここに入力すればOK。    

カラムを増やす

  これが一番のいいところです。 リストや、検索など追っていきたい情報を簡単に見れるようにできます。   「+」を押し、追加したいものを選択します。 または、「Search Twitter」から検索や、ハッシュタグを入力し、 「Add Column」で追加できます。   カラムを削除するには消したいタイムライン上で 「menu」→「Column Settings」→「remove」で削除できます。    

おすすめの使用法

  基本的な使用法を紹介しましたが、 ここからは僕のおすすめ使用法を紹介します。   1)カラムを追加する   まずは、普段追っている検索やハッシュタグをを追加します。 僕の場合は「#androidjp」などハッシュタグ、 情報収集用のリストなどを追加しています。     2)リンク先を「後で読む」サービスへ送る カラムを増やすと 情報を沢山見れるのはいいのですが、 タイムラインを追うので必死になってしまいがちです。   リンクのあるツイートが 多いときに毎回ブラウザで見ていると 時間がかかってしまいます。   そこで、読みたいと思うリンクがあるツイートを 「Read it later」や「Instapaper」などの 「あとで読む」ツールへ送ってしまいます。   方法はリンクのあるツイートを選択し、 「▽」→「share」→「後で読むサービス」を 押せば完了です。     ここで使うサービスは「Read it Later」がおすすめです☆ 理由は「Share」した後、 勝手にリンク先の中身を読み込んでくれているからです。   「Instapaper」系のサービスだと、 あとでアプリを開いてダウンロードする必要があるので 一手間と若干の時間が掛かってしまいます。 個人的にその手間が嫌なので、 「Read it later」をおすすめしています!   そして、ここでさらに大事と思ったものに大しては、 ブックマークをつけたり、「evernote」「springpad」など、 自分がよく使うサービスに共有しておきます。   最初に気になる情報を「Read it later」に送り、 必要とするものを「Evernote」などにストックしていく。   このような感じで情報の整理をしています。      

あなたの評価を投票してください!

評価: 1.9/5 (8名 評価済み)