アンドロイドには日本語入力のアプリはいくつもあります。

そのなかでどれを選ぶのが良いかは迷ってしまいます。

 

そこで今回は日本語変換について評価の高い

ATOKについての使い方など紹介をしたいと思います。

 

値段も高いので少しでも参考になればと。

 

アプリ名:ATOK

料金:1,500円

 

 

外観

 

キーボードはこのような感じ。

左下のボタンでキーボードの切り替えができます。

その上がひらがな、ローマ字の切り替えです。

 

 

 

設定でカラーの変更や、サイズの変更ができるようになっています。

カラーは標準、藍、秋桜、若葉、紅葉、炭から選択できます。

(下は秋桜と若葉)

 

大きさも変更できるので端末サイズに合わせて変えるとよいです。

 

 

操作方法

 

・入力方法

 

入力方法には「携帯入力」「ジェスチャー入力」「フリック入力」が準備されています。

ジェスチャーはフリックに似たような入力方式で個人的にはなれないです。。

 

 

・マッシュルーム、顔文字、定型文

 

キーボードの切り替えボタンを長押しすれば選択できます。

顔文字については標準でまぁまぁ入っています。

 

 

 

・UNDO(戻る)

 

ATOKでは変換確定したものをやり直す機能も付いています。

使用方法は簡単で、

入力完了後「戻る」を押せば完了です。

 

 

設定項目一欄

 

設定項目を紹介していきます。

あまりにも分かりやすいものは省きます。。

 

■入力補助

 

・トグル入力

トグル入力は携帯の入力方式のことで、

これを「on」にしておくとフリック以外の入力の時も

「あ」を二回連続で押すと「い」が出るようになります。

しかし、同じ行の文字を押すときに次の文字になり困ることがあるので、

切っておくほうが良いかもしれません。。

 

・文字削除キー

文字削除キーを押したときに削除される文字の場所が変わります。

「バックスペース」にしておくとカーソルの前、

「クリア」にしておくとカーソルの後ろが削除されます。

 

・ジェスチャー、フリックガイド

ボタンを押したときに表示されるガイドを表示、非表示を選択できます。

慣れていて場所を間違うことがないのであれば消しておくほうがいいでしょう。

 

・フリック感度

フリックしたときの反応感度を変更できます。

フリックのスピードが早いのであれば「高い」にしたほうが、

反応がよく早く打てたりします。

 

・数字キー表示

非表示にすると英数字のところに記号などが表示され、

フリックで入力するようにできます。

 

 

■その他

 

・携帯事業者の選択

利用している端末のキャリアを選択し、

その会社の絵文字の入力ができるようにします。

(利用している会社のSIMカードが入っていないときちんと入力できない?)

 

 

以上で説明は終了します。

いかがでしたでしょうか?

 

他のIMEもいいのですが、日本語に強いのは非常に強みです。

ATOKはひとつ購入すれば同じアカウントであれば、

他の端末でもインストールすることができます。

(もちろんタブレットでもOK)

 

この先に機種を変えたりしても利用できるので、

購入してもいいと思います!

ぜひ検討してみてください!

アンドロイドには日本語入力のアプリはいくつもあります。 そのなかでどれを選ぶのが良いかは迷ってしまいます。   そこで今回は日本語変換について評価の高い ATOKについての使い方など紹介をしたいと思います。   値段も高いので少しでも参考になればと。   アプリ名:ATOK 料金:1,500円    

外観

  キーボードはこのような感じ。 左下のボタンでキーボードの切り替えができます。 その上がひらがな、ローマ字の切り替えです。       設定でカラーの変更や、サイズの変更ができるようになっています。 カラーは標準、藍、秋桜、若葉、紅葉、炭から選択できます。 (下は秋桜と若葉)   大きさも変更できるので端末サイズに合わせて変えるとよいです。    

操作方法

  ・入力方法   入力方法には「携帯入力」「ジェスチャー入力」「フリック入力」が準備されています。 ジェスチャーはフリックに似たような入力方式で個人的にはなれないです。。     ・マッシュルーム、顔文字、定型文   キーボードの切り替えボタンを長押しすれば選択できます。 顔文字については標準でまぁまぁ入っています。       ・UNDO(戻る)   ATOKでは変換確定したものをやり直す機能も付いています。 使用方法は簡単で、 入力完了後「戻る」を押せば完了です。    

設定項目一欄

  設定項目を紹介していきます。 あまりにも分かりやすいものは省きます。。   ■入力補助   ・トグル入力 トグル入力は携帯の入力方式のことで、 これを「on」にしておくとフリック以外の入力の時も 「あ」を二回連続で押すと「い」が出るようになります。 しかし、同じ行の文字を押すときに次の文字になり困ることがあるので、 切っておくほうが良いかもしれません。。   ・文字削除キー 文字削除キーを押したときに削除される文字の場所が変わります。 「バックスペース」にしておくとカーソルの前、 「クリア」にしておくとカーソルの後ろが削除されます。   ・ジェスチャー、フリックガイド ボタンを押したときに表示されるガイドを表示、非表示を選択できます。 慣れていて場所を間違うことがないのであれば消しておくほうがいいでしょう。   ・フリック感度 フリックしたときの反応感度を変更できます。 フリックのスピードが早いのであれば「高い」にしたほうが、 反応がよく早く打てたりします。   ・数字キー表示 非表示にすると英数字のところに記号などが表示され、 フリックで入力するようにできます。     ■その他   ・携帯事業者の選択 利用している端末のキャリアを選択し、 その会社の絵文字の入力ができるようにします。 (利用している会社のSIMカードが入っていないときちんと入力できない?)     以上で説明は終了します。 いかがでしたでしょうか?   他のIMEもいいのですが、日本語に強いのは非常に強みです。 ATOKはひとつ購入すれば同じアカウントであれば、 他の端末でもインストールすることができます。 (もちろんタブレットでもOK)   この先に機種を変えたりしても利用できるので、 購入してもいいと思います! ぜひ検討してみてください!

あなたの評価を投票してください!

評価: 1.6/5 (7名 評価済み)