今回はアンドロイドには標準で入っている

Gmailの使い方を簡単に説明したいと思います。

 

Gmailは迷惑メール対策ができており、メールの検索も非常に優秀で、

ラベルでのメール管理、メールフィルター、複数アカウント対応など

非常に使いやすいメールソフトになります。

もちろん他のアドレスをGmailに転送したり、

他のアドレスを使ってメールの送信をしたりも可能です。

 

すでにYahoo!メールやMSNのHOTMAILを利用されているかたも

アンドロイド携帯を購入されたのであれば、ぜひGmailに乗り換えちゃいましょ う!

それでは説明をしていきたいと思います。

まずアプリを開いた状態がこのようになっています。

 

受信トレイが表示され、受信メールを見ることができます。

タイトルの横の「☆」はお気に入りのことで、

大事なメールなどに付けておくとあとで簡単に見つけることができます。

 

右の画像が「mEnu」を押したときのもので、

こちらから様々な動作を行えます。

「アカウント」ではスマートフォンに複数のアカウントを同期している場合にアカウントを選択できます。

「ラベルの表示」では現在設定しているラベルの一覧が出てきます。

 

 

 

受信メールを開いたのがこの状態です。

 

「削除」ではそのままメールを削除できます。

「アーカイブ」とはメールを完全には削除をしないのですが、

受信ボックスから見れないようにできます。

「すべてのメール」「ラベル」や「検索」からは見ることができるので、

受信ボックスを整理したい時などに使うと便利です。

 

次はメールの作成方法です。

「新規作成」を押すとこのような画面が出てきます。

 

一番上には送信者のアドレスが表示され、

複数のアドレスから送信できるように設定しておけばこの場所から変更することができます。

(複数の送信アドレスを設定する方法は別で説明します)

 

「To」の所かには宛先が入り、

アドレスの一部や、連絡先名を入力すると候補が上がってきます。

(昔はアドレスしか無理だったので、名前でもアドレスが出てくるようになり便利になりました。)

宛先はここに入力すれば何件でも追加できます。

 

あとは本文を入れて右上のアイコン2つのうち、

左を押せば「送信」、右を押せば「保存」ができます。

 

次に受信したメールにラベルを付ける方法です。

ラベルとは簡単にいえばメールの「グループ分け」機能になります。

受信後につけたり、「フィルタ」という機能を使って自動で付けることもできます。

(フィルタについては別の記事で紹介します。)

 

ラベルを付けるには、

「メニュー」ボタンを押し、「ラベルを変更」を選択すると、

下の画像のようにラベル一覧が表示され設定したいラベルを選択すれば

ラベルの貼付けは完了です。

 

 

簡単な説明ではありますが、

操作方法は大丈夫でしょうか?

 

次はラベルの追加方法や、他のメールをGmailへ転送する方法などをご紹介したいと思います。

 

 

 

 

今回はアンドロイドには標準で入っている Gmailの使い方を簡単に説明したいと思います。   Gmailは迷惑メール対策ができており、メールの検索も非常に優秀で、 ラベルでのメール管理、メールフィルター、複数アカウント対応など 非常に使いやすいメールソフトになります。 もちろん他のアドレスをGmailに転送したり、 他のアドレスを使ってメールの送信をしたりも可能です。   すでにYahoo!メールやMSNのHOTMAILを利用されているかたも アンドロイド携帯を購入されたのであれば、ぜひGmailに乗り換えちゃいましょ う! それでは説明をしていきたいと思います。 まずアプリを開いた状態がこのようになっています。   受信トレイが表示され、受信メールを見ることができます。 タイトルの横の「☆」はお気に入りのことで、 大事なメールなどに付けておくとあとで簡単に見つけることができます。   右の画像が「mEnu」を押したときのもので、 こちらから様々な動作を行えます。 「アカウント」ではスマートフォンに複数のアカウントを同期している場合にアカウントを選択できます。 「ラベルの表示」では現在設定しているラベルの一覧が出てきます。       受信メールを開いたのがこの状態です。   「削除」ではそのままメールを削除できます。 「アーカイブ」とはメールを完全には削除をしないのですが、 受信ボックスから見れないようにできます。 「すべてのメール」「ラベル」や「検索」からは見ることができるので、 受信ボックスを整理したい時などに使うと便利です。   次はメールの作成方法です。 「新規作成」を押すとこのような画面が出てきます。   一番上には送信者のアドレスが表示され、 複数のアドレスから送信できるように設定しておけばこの場所から変更することができます。 (複数の送信アドレスを設定する方法は別で説明します)   「To」の所かには宛先が入り、 アドレスの一部や、連絡先名を入力すると候補が上がってきます。 (昔はアドレスしか無理だったので、名前でもアドレスが出てくるようになり便利になりました。) 宛先はここに入力すれば何件でも追加できます。   あとは本文を入れて右上のアイコン2つのうち、 左を押せば「送信」、右を押せば「保存」ができます。   次に受信したメールにラベルを付ける方法です。 ラベルとは簡単にいえばメールの「グループ分け」機能になります。 受信後につけたり、「フィルタ」という機能を使って自動で付けることもできます。 (フィルタについては別の記事で紹介します。)   ラベルを付けるには、 「メニュー」ボタンを押し、「ラベルを変更」を選択すると、 下の画像のようにラベル一覧が表示され設定したいラベルを選択すれば ラベルの貼付けは完了です。     簡単な説明ではありますが、 操作方法は大丈夫でしょうか?   次はラベルの追加方法や、他のメールをGmailへ転送する方法などをご紹介したいと思います。        

あなたの評価を投票してください!

評価: 2.0/5 (9名 評価済み)