Gmailは非常に高機能で使いやすく、

ビジネスでも利用されている方も多いと思います。

 

そのなかでも「フィルタ」は、

受信メールを「受信ボックス」を飛ばしてアーカイブしたり、

来たメールに対して「ラベル」をつけたりしてくれるので非常に便利な機能になります。

 

設定はPCからしかできませんが、「フィルタ」の設定をすることで

メールの処理が非常に快適になります。

そこで今回はまず「フィルタ」の設定方法を紹介したいと思います。

 

1)Gmailを開き、右上「設定」をクリックし、

「フィルタ」のタブから「新しいフィルタを作成」をクリックします。

 

 

2)フィルタの設定を行います。

すべて入力する必要はなく好きな組み合わせを考えてください。

From:誰からのメールに対してフィルタをするのか入力

To:誰宛のメールに対してか。(メール転送を利用している方はこれでまとめることができます)

※入力しない場合はすべてのメールが対象になります

件名:フィルタしたい件名を入力します。(ワードが一致していればフィルタされます)

キーワード:フィルタしたいキーワードを入力

含めないキーワード:フィルタしたくないキーワードを入力

 

3)フィルタへの操作を設定します。

(下には先ほど設定したフィルタに合致しているものが表示されます)

(アーカイブする):受信ボックスに入らないようにします。

(すべてのメール、ラベル、検索では出てきます)

既読にする:未読メールとして表示されません

スターを付ける:スターをつけておくと後に「スター付き」からすぐに発見できます。

ラベルを付ける:設定しておいたラベルを付けることができます。

転送する:転送先が設定してあれば自動で転送してくれます。

削除する:受信をしてすぐに削除します。

迷惑メールにしない:迷惑メールに入りがちなメールなどあれば設定すればもう入りません。

 

4)「フィルタを作成」を押せば完了です。

 

使い方としては例を挙げると、

メルマガをとっている場合は

「from」や「件名」を設定した上で「メルマガ」のラベルをつけ、「アーカイブする」としておくと、

メルマガが来たとき、勝手に「メルマガ」に入っています。

わざわざ来たときに通知が来ないので、

確認したいと思ったときに、ラベルを見ればいいだけです。

 

また、フィルタはいくつでもつくることが可能なので、

あるプロジェクトがある時は同じ件名でやりとりをするようにしておき、

それをフィルタしておけばプロジェクトに関するメールがまとめられます。

 

この「フィルタ」機能は非常に便利なのでぜひ使い方を考えてみてください!

 

Gmailは非常に高機能で使いやすく、 ビジネスでも利用されている方も多いと思います。   そのなかでも「フィルタ」は、 受信メールを「受信ボックス」を飛ばしてアーカイブしたり、 来たメールに対して「ラベル」をつけたりしてくれるので非常に便利な機能になります。   設定はPCからしかできませんが、「フィルタ」の設定をすることで メールの処理が非常に快適になります。 そこで今回はまず「フィルタ」の設定方法を紹介したいと思います。   1)Gmailを開き、右上「設定」をクリックし、 「フィルタ」のタブから「新しいフィルタを作成」をクリックします。     2)フィルタの設定を行います。 すべて入力する必要はなく好きな組み合わせを考えてください。 From:誰からのメールに対してフィルタをするのか入力 To:誰宛のメールに対してか。(メール転送を利用している方はこれでまとめることができます) ※入力しない場合はすべてのメールが対象になります 件名:フィルタしたい件名を入力します。(ワードが一致していればフィルタされます) キーワード:フィルタしたいキーワードを入力 含めないキーワード:フィルタしたくないキーワードを入力   3)フィルタへの操作を設定します。 (下には先ほど設定したフィルタに合致しているものが表示されます) (アーカイブする):受信ボックスに入らないようにします。 (すべてのメール、ラベル、検索では出てきます) 既読にする:未読メールとして表示されません スターを付ける:スターをつけておくと後に「スター付き」からすぐに発見できます。 ラベルを付ける:設定しておいたラベルを付けることができます。 転送する:転送先が設定してあれば自動で転送してくれます。 削除する:受信をしてすぐに削除します。 迷惑メールにしない:迷惑メールに入りがちなメールなどあれば設定すればもう入りません。   4)「フィルタを作成」を押せば完了です。   使い方としては例を挙げると、 メルマガをとっている場合は 「from」や「件名」を設定した上で「メルマガ」のラベルをつけ、「アーカイブする」としておくと、 メルマガが来たとき、勝手に「メルマガ」に入っています。 わざわざ来たときに通知が来ないので、 確認したいと思ったときに、ラベルを見ればいいだけです。   また、フィルタはいくつでもつくることが可能なので、 あるプロジェクトがある時は同じ件名でやりとりをするようにしておき、 それをフィルタしておけばプロジェクトに関するメールがまとめられます。   この「フィルタ」機能は非常に便利なのでぜひ使い方を考えてみてください!  

あなたの評価を投票してください!

評価: 3.0/5 (10名 評価済み)